FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱詰めパズルの箱詰め

この週末は、久方ぶりの部屋の片づけ。
いい加減に山積みパズルを少しは整理しようかと思いつつ・・・

放置されたパズルに夢中^^;。 パズル片付けの常、でしょうか。


moblog_f614c9dc.jpg
<ろくめんたイン Designed by Iwahiro>

この分野に興味を持ち始めた頃に手に入れたこの作品、
8個の六面体ピースを、六面体(立方体)の箱の中に詰め込むパズルで
記録からするとちょうど2年前の購入でした。

その頃はサッパリ解ける気がしなかったので、今に至るまで放置されていた訳ですが、
何故か片付けなければいけない状況で、すっとヒラメキすっきり収まりました。
(写真は、収まった様子です・・・)


ところで、本パズルのような箱詰めパズル、特に立方体系の作品は
パズル的な意味ではなくても、収納の仕方に苦労しています。

と、いうのは、完成形は大抵キレイに収まるわけですが、その完成系で収納しておくと、
次回自分で遊ぶとき、あるいは他の人に遊んでもらうときに困ります。
ピースだけ別に袋に入れておく方法もありますが、箱とピースの分割保管は、
数が増えてくると結構大変です。

ところが、偶然にもこのパズルについては、100均(キャン・○ゥ)にて
ナイスアイテムを発見しました!

moblog_da91b387.jpg

どうやらMD収納が主目的のこのケース、作品を入れてみると・・・

moblog_8354e7f1.jpg

箱+ピースに寸法がピッタリ!

ちなみに本デザイナーさんの他の作品も入れてみると

moblog_ecf0245b.jpg

これまた、なかなか都合よく収まります。
箱のフタ部分を前面に配置すると、寸法もフィットし見栄えもいい感じに!

ということで、なんだかちょっぴりうれしかった箱詰め(!)の紹介でした。


ちなみに、当初の目的であった箱詰めパズルの箱詰め(いわゆる片付け)が
はかどらなかったことは言うまでもないでしょう・・・

スポンサーサイト

リビング・パズル

近所の子供(6才と4才)がたまに遊びにくる我が家の人気者は、コレ。

moblog_8d9a03b5.jpg
<カナリヤパズル/ライオンパズル>

それぞれ、檻から出すパズル。個人的にカナリヤの脱出は半ば諦めていましたが、
子供といっしょに遊びにきてくれるママさんがライオンを出し、カナリヤにトライ中との
話を聞いて、これは負けられないと最近何とか脱出に成功。


これが、我が家の今のリビング・パズル達です。


リビング・パズルとは、 私の勝手な造語(おそらく)。 
名前のまま、リビングに置いてあるパズルです。

せっかくいくつかのパズルを持っているので、面白そうなパズルをリビングに出しておいて
少しは布教活動(?)もしたいなぁなどと思いいくつか試行した結果、

 1.かわいらしい(コミカルな)風貌

 2.何をすればいいかわかりやすい

 3.すぐにできそうに見える

こういうパズルが、来客のときに盛り上がりやすくて、リビング・パズルになっています。



さてさて、このパズルたち、最近特に良いと思うのはその頑丈なところ。
チビっ子の乱暴な扱いにもまったくめげません。

からくり作品で有名な「卵」をリビング・パズルにしていた時期もありますが、
チビッ子の手にかかれば、あっという間に傷だらけ・・・・
それでも「卵」は傷も味になる、と半ば無理やり納得するものの、
その後に「サイコロ」を出す勇気はありませんでした。

パズルは遊ぶためのものであろうし、特に子供には良質な材料・しくみのパズルで
遊んでほしい、という気持ちは大いにあるのですが。。。

パズルにとって何が幸せか、ちょっぴり考えてしまいますね。

遊び倒されて傷だらけのパズルこそが、まさにLIVING PUZZLEと呼べるのかもしれません。



実は、このあたりの疑問は割りと早い時期から心の隅に漂っていることでもありました。

あるパズル作家の方に、それとなく聞いてみたことがあります。
コレクターに死蔵されるパズルは幸せなのでしょうか? と。

いつお会いしても穏やかなその方は、YESともNOともお答えにならず、
ただ、コレクターさんは大変ありがたい存在だとおっしゃっられました。
「コレクターの方が大事にしてくださるので、自分の作品は後世に残ることができるんです」と。

考えてみれば、たしかにその通り。

世に言う美術品は、死蔵とは言わないまでも大切に保管・保存されてきたからこそ、
何百年も経過した今でもガラス越しかもしれませんが、愛でる事ができるとも言えますよね。

美術品をパズルに置き換えてみれば、これもまた、一つの”LIVING PUZZLE”。


・・・お酒は、「飲むべし」でFINAL ANSWERなのですがね!

調子が良いかも?

最近は、夕食が和風/洋風で、お湯割りとこれをスイッチしています。

moblog_4a8efcfa.jpg
<TEACHERS (ウイスキー・イギリス)>

スイッチならぬ、スコッチ。価格の割には良いお味でオススメのひとつ。

最近流行りのハイボールで一杯も、暖房の効いた部屋でまた格別。



部屋といえばROOMですが、鳥かごと言えばCAGE。

そう、折に触れてはトライし、何度も挫折していたコレが、なんと!!

moblog_c0d0c501.jpg
<かごのとり(Designed by MINE)>


11ピースを箱の中に収めるパズル、収まりましたー!


過日掲載のThe CUBE of CUBEsが、先日ようやく収まり、ふと思い立って、同じデザイナーさんのコレに挑戦した次第。


ピースが見えないのは、もちろん全部収まっているからですよ!

と、言えば聞こえがいいのですが、パズルの写真は解のみならず、ピース構成などネタバレのないように写さないといけないので、結構大変なんですね。


ですので、面白みのない写真で申し訳ないのですが、パズルの面白さは折り紙つき!

そして、解を得たときのの妙味(なにが妙味かはヒミツです)は、何物にも例え難い感動です!!


そう、3年B組 金八先生を見たような。。。

ちょっと違うか。。。

TEACHERS。。。


・・・やっぱり調子、良くないかもー

ヒラめいた!


残暑から一気に寒くなり、お湯割の美味しい季節になりました。

ここんとこ、お湯割りはもっぱら「富乃宝山」。
以前にも紹介しましたでしょうか、香りがたまりません。

すぐにKOされ、ほろ酔い加減に。


ポカポカしながら、取り組んだのはこちら。

moblog_a56e21c1.jpg
<Raketti>

四角い箱の丸い穴にあるのは、円錐+円柱の物体でして、それを取り出すというもの。

見たまんまのつくりですから、傾ければすぐに取り出せますので、
『机の上に置いて、傾けずに』と注意書きがあります。


買ったときには、器用さ勝負、つまんでとりだすものとばかり思っていましたが、
(そういうパズルもありますしね)

ここで得意のアルコールパワーが発揮され・・・


!!!


久々にヒラめきましたよ!

最近苦戦しているパズルが多いので(それもまた楽しいわけですが)、
たまに秒殺するのも気分が良いですね。

プロフィール

いわとび

Author:いわとび
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。